atop

田園にうかぶ府内町家

r_野々下4

豊後高田市のN様邸にお邪魔しました。

見学会のチラシに書いたキャッチコピーが「田園にうかぶ府内町家」。そのまま緑の稲穂の上に浮かぶように水平ラインの美しい平屋のN様邸が佇んでいます。 今年の夏は雨が多くジメジメして湿気の多い日が続いたのですが、エアコンいらずで過ごしたそうです。この日も北から涼しい風が家の中に入っていました。冬も帰宅するとあたたかいと感じたそうです。

佐藤:すみごこちはどうですか。
N様:快適です。こうやって北から風が吹くのが気持ちいい。北側の窓が大切ってよくわかります。それに風景で四季がわかるんです。住んでからの発見でした。 (リビングの窓が)道路に向いていないので、プライバシーがちゃんと守られています。開放的で快適。

佐藤:リビングと寝室をサンルームでつないでいます。気持ちいい空間ですね。
N様:雨の日でもサンルームの大きな窓を開いていられるのがいいです。これも開放的ですね(笑)。 家の中央に収納と水まわりがあるのがいいです。使いやすいし住みやすい。 外を見ると薪ストーブのための薪がずらーっと並んでいます。その向こうには田園風景。外の気持ちよさがそのまま家の中に入ってくるようです。ウッドデッキで外とつながっている感じがよいのだとか。庭~ウッドデッキ~リビングが連続して外の風景が室内に入ってきて気持ちがいい。

  • r_野々下1
  • r_野々下2
r_野々下3

府内町家に決めたきっかけは?

N様:直感です(笑)。モデルハウスに入ったときの印象で。

佐藤:家づくりはどうでした?
N様:辛抱強く付きあってくれたなあと(笑)。ひとつひとつ納得して進むことができたので、よかったです。友達から別荘みたい、カフェみたいっていわれます。私たちにとって特別な家ですね。

最後にN様が撮ったという写真を見せていただきました。水をはった水田に浮かぶように建っている家の写真です。住まないとわからない、住んでみないと写せない風景ですね。ご主人は薪割で腕まわりが太くなったようです。これから薪ストーブの季節。冬が待ち遠しいN様でした。

暮らすの最新記事

  • r_野々下4
    府内町家

    田園にうかぶ府内町家

  • 写真7(キッチン)2
    府内町家リノベーション

    自然を感じるリノベーション

  • r_003
    府内町家

    町と人を豊かにする住まい

  • r_0029
    府内町家

    敷地を好条件に変えた、笑顔の絶えない家

  • r_t2-1
    つなぐ家

    つなぐ家で暮らす S様邸

  • IMG_8433_2
    府内町家リノベーション

    毎日が楽しいリノベーション